COMPANY 会社概要・沿革

秋田指月会社概要

『指月』の社名は創業者山本重雄の出身地、山口県萩市にあった毛利家歴代の居城で天下の名城として知られた萩城(別名指月城)よりお借りしているのがその由来です。

名称 秋田指月株式会社
創業 1968年(昭和43年)4月3日
資本金 3億円
代表者 代表取締役社長 足達 信章
生産商品 電気自動車(エコカー)用コンデンサ
太陽光発電(メガソーラー)用コンデンサ
家電(IH調理器)用コンデンサ
所在地 秋田県雄勝郡羽後町足田字南田35-2
TEL:0183-62-1116 FAX:0183-62-4593

【ISOへの取り組み】

秋田指月はISO9001:2015、ISO14001:2015を認証取得しています。

沿革

1968年4月 秋田県雄勝郡羽後町に秋田指月電機(株)を(株)指月電機製作所の電子用コンデンサの専門工場として設立
1968年6月 電子用ポリエステルフィルムコンデンサの生産開始
1970年3月 金属化ポリエステルフィルムコンデンサ(DME)の生産開始
1972年10月 資本金3,000万円に増資
1972年12月 第1工場竣工
1973年7月 CR複合部品の生産開始
1975年7月 交流用金属化フィルムコンデンサ(CME)の生産開始
1984年3月 複合モジュール(エレパック)の生産開始
1986年4月 第2工場竣工
1990年5月 第3工場竣工
1990年8月 CME・CMPP・CMPS・CMKSコンデンサが日本工業規格表示許可工場として認定
1991年11月 積層型金属化ポリエステルフィルムディップコンデンサ(SMD)の生産開始
1994年3月 積層型金属化ポリエステルフィルムケースコンデンサ(SMC)の生産開始
1996年1月 国際規格ISO 9001:1994を認証取得
1999年5月 車載HID用コンデンサ(SMCT)の生産開始
2000年12月 国際規格ISO 14001を認証取得
2001年4月 パワエレ用コンデンサ(MICシリーズ)生産開始
2002年3月 国際規格ISO 9001:2000を認証取得(更新)
2003年2月 MICモジュール生産開始
2003年10月 IHクッキングヒーター用コンデンサ生産開始
2003年11月 車載直噴インジェクタドライバ用コンデンサ生産開始
2005年1月 医療器用高圧(40kVDC)コンデンサ生産開始
2005年9月 丸形ドライコンデンサ(RU)生産開始
2006年1月 国際規格ISO 14001:2004を認証取得(更新)
2006年11月 資本金1億円に増資
2006年12月 研究開発棟竣工
2007年7月 国際規格ISO 9001:2000を指月グループで総合認証取得
2007年11月 資本金3億円に増資
2010年7月 国際規格ISO 9001:2008を認証取得(更新)
2014年3月 第4工場竣工
2016年12月 自動車産業の国際的なQMS ISO/TS16949を認証取得
2018年12月 自動車産業の国際的なQMS ISO/IATF16949認証移行

ページトップ